洗足池の近く「家買って大丈夫ですか?」

(2021年11月19日)

こんにちは、大田区上池台の新築とリフォームが得意な工務店、セダー建設4代目の若ちゃんです。

先日、「洗足池の近くの物件を買いたいのだけど、買っていいですか?」と声をかけてくれた人がいました。
このあたりは「池」とか「鴻」とか「さんずい」がつく地名が多いことでも分かるように、もともと水が流れているところなので地盤が弱いところがあります。

「洗足流れと鴻巣流れの近くは地盤改良をしっかりしましょう」の記事にも書いたので、参考にしてくださいね。

声をかけてくれた人も、地盤を心配されてのことでした。

 
そこで、該当の物件を実際に見に行ったり、不動産屋さんに教えてもらったところ、柱状改良という地盤改良をしていることが分かったので、大丈夫でしょうということでお伝えしました。
 
柱状改良というのは、弱い地盤が2~8m以下の深さの場合に用いられる方法です。土の中にコンクリートの柱をつくります。
なんかイラストないかなぁと思ってみていたら、こんな分かりやすいイラストを描いている人がいました。これの真ん中の工法ですね。
 
柱状改良
 
かたい地盤まで、がしっとコンクリートの柱をつくっています。
このような改良をされていることを説明すると、安心できたとおっしゃっていただきました。
 
洗足池や上池台近辺などで、新築の建売を買いたいという場合は、このようにどんな地盤改良をしているか、していないのかを事前に調べると良いですよ。
そうでないと、地震が起きてしまったあとに「なんでうちだけ壊れた???」ということにもなりかねません。
 
 
そろそろ洗足池の紅葉もきれいになってくる季節になりました。
長く住む家ですから、安心して購入を決めたいですね。

※新築や中古の家を買ったあとのリフォームはお任せください(^^)

洗足池