四代目若ちゃん通信「新潟県長岡市に行ってきました!」

(2019年05月27日)

大田区上池台の新築とリフォームが得意な工務店、セダー建設の若杉です。
先日、新潟県の長岡市、旧山古志村を訪問する機会がありました。(観光です♪)

山古志村というと錦鯉の産地として、また棚田の風景が美しく有名ですが、一方、2004年秋の中越地震の時に大きな被害を受けて全国的にも報道されたところです。あれから15年もたってしまったんですね・・・当時、地滑りが発生し、山古志村を流れる芋川がせき止められてしまい、突然ダムになってしまったために、集落がダムに沈んでしまった。
現地には、被災家屋を綺麗に修理して二軒ほど残してあるのですが、今見ると「なんで河川敷の中に建っているの?」というような位置になっています。

地震が来る前に「自宅が川になってしまった」なんて想像はなかなかできなかったと思いますが、我々もいつ来てもおかしくない首都直下地震に対し、普段から各個人が想像力を働かせて備えをしておくことが大事だと、改めて強く思いました。

現在の集落は川より高い位置に造成地をつくって移動しており、小さな復興資料館があって当時の状況を知ることができます。少し先には蓬平(よもぎひら)温泉という名湯もありおススメですよ。

四代目若ちゃん通信「新潟県長岡市に行ってきました!」