屋根・外壁のメンテナンスは大事ですよ!

(2020年08月03日)

こんにちは、大田区の新築住宅・リフォームをご提供しているセダー建設4代目の若ちゃんです。

みなさん、屋根や外壁って気にしていますか?
もしや、我が家の屋根を遠めに見て、「あ、赤い屋根のはずなのに白くなっている、、気のせいかなぁ」なんて思われてはいませんか?

先日、予約していたこちらの本が届きました。
画像:屋根・外壁のメンテナンス

この本はいつも一緒に仕事している倉方 康幸さんが雨漏り110番グループ総長?の唐鎌 謙二さん他二名の方々と共著された本です。

現場でよく見る、「これどうするんだよー」というような不具合写真が多数載ってます。

若ちゃんの感想としては、自宅で屋根や外壁に不具合が出た時に見る、辞典みたいなイメージです。

 
実際、どうしても屋根・外壁は後回しにしてしまう方が多いのですが、家は外から水を侵入させないことが大事です。
屋根・外壁は水回りと違って使っているという実感が薄いからね~、という声も聞きますが、家を守ってくれている大事なところです。

材質にもよりますが築後10年経ったら、色あせや色が白くなってきていないか(紫外線の影響で塗料が劣化し、白い粉状になって表面に出るんです)、ひび割れなどがないか、チェックしてみてください。

 
写真の「雨漏り修理のプロが教える 屋根・外壁のメンテナンス」は実際の不具合の写真がたくさんあるので、「これ、うちと同じだ!!!」というものもあるかもしれません。
一般の方向けの本ですので、参考にしてみるのも良いと思います。

屋根・外壁はしっかりメンテナンスして、家を長持ちさせましょう!