監理技術者講習を受けてきました

(2021年08月10日)

こんにちは!大田区で新築リフォームをお届けしている工務店、セダー建設4代目の若ちゃんです。

8月のはじめ、監理技術者講習を受けてきました。

監理技術者講習を受けてきました

監理技術者講習とは
どんなものかというと、こんな感じです。

「専任の監理技術者が必要な工事」における監理技術者については、公共工事・民間工事を問わず、すべて国土交通大臣の登録を受けた「監理技術者講習」の受講が必要となります。
さらに、「監理技術者講習」を受講した1級の国家資格者は、経営事項審査において、通常の技術者より加点評価されます。
(日建学院ホームページより)

なんだかよく分からないですねぇ。建築のお仕事にはこういうのがたくさんあります。

要は受けなくてはいけない講習なので、何年に一度か強制的に受けることになっています。

 
若ちゃんは普通に会場に講習を受けに行ったのですが、その日に知ったことは今はネットで好きな時間に講習を受けて、試験だけ会場に行けばいいという方法もあったことです。

ガーン(T_T)

コロナ防止もあるのでしょうが、時代の変化というのはいつの間にか進んでいますね。

お世話になっている先輩がこの情報を教えてくれたのですが、その先輩も「ドローンで屋根面積が、測定できる時代だしね」と言っていました。

 
時代の変化に取り残されないように、アンテナ張っていかないとなぁと、もう一つ勉強になった1日でした。

というわけで(?!)、上池台「スマホの会」というスマートフォン基礎講座をだんらんでご紹介しています。
便利なもの、いいものはどんどん取り入れていきたいですね。
上池台「スマホの会」はこちら⇒