損得よりも、一緒にお客様のほうを向いてくれる職人さんに支えられています

(2021年11月10日)

こんにちは、大田区上池台の新築とリフォームが得意な工務店、セダー建設4代目の若ちゃんです。
 

今日あった嬉しいこと。
屋根塗装で予定して足場をかけて、いざ高圧洗浄したらところどころ割れるほど、傷みが進行していた屋根。

傷みが進行している屋根高圧洗浄した屋根
 
そしたら、塗装屋さんが
「これどうします?」って立ち止まって聞いてくれたんです。

若ちゃんも緊急出動して屋根に上り、現場を見に行ったら、確かにひどい状態でした。
これだと割れたところだけ補修して塗装しても、またすぐ他が傷みそうな状況。
 
実は、平成13年くらいからのアスベストが含有されなくなった当初の屋根は弱いんです。
最近改修時期に差し掛かっていて、とてもこの状況が多く発生しています。
パミール、コロニアルNEO、グリシェイドNEOなどが該当します。
こちらのお宅の屋根がまさにこれらに該当する屋根でした。

 
ここでお客様に屋根葺き替えとか屋根カバー工法といった抜本的なことをお客様に私が提案すると、その塗装屋さんの売り上げは激減します。
(そもそもほとんど屋根塗装の金額だし。)
でも、お客様に伝えないわけにはいかないので、心苦しいですが
「屋根の塗装工事は一旦中止にして方針決まるまでちょっと手を付けないでください」
とお願いしたところ・・・
 
「いいですよ!若杉さんの、その現場に真面目な対応、自分好きなんで!」
と言ってくれました。
 
こういう風に一旦立ち止まって、自分のことじゃなくて、お客様のほうを一緒に向いてくれてる職人さんたちに、ウチの会社は支えられてるって心から思いました。
本当にありがたいことです。
嬉しく、感謝でいっぱいの1日でした。