セダー建設さんの家づくりって?

(2020年07月15日)

こんにちは、大田区の新築住宅・リフォームをご提供しているセダー建設4代目の若ちゃんです。

今日は新築住宅の話。

なぜかというと、「セダケンさんてどんな家を建ててるんですか?」と聞かれることがあったので、こちらでもご紹介します!

 
セダー建設の家は大きく分けて2種類ある!

若ちゃんたちがご提供しているのは、大きく分けると2種類あります。

1)高気密高断熱の夏涼しく冬暖かい家
2)日本古来の在来工法と無垢材の家

そして、1)2)ともに必ずご提案に入れているのでは、リフォームで培った”長く安心して使ってもらえる家づくり”です。

リフォームの経験からというページでもご紹介していますが、
リフォームをたくさんやっていると、10年20年たって差が出るポイントが分かります。
そこで、新築のときにやっておくべきことは、きっちりご提案しています。

その上で、2種類の住宅をご提案しています。

 
1)高気密高断熱の夏涼しく冬暖かい家

こちらはリクシルのスーパーウォール工法(SW工法)という工法でつくる家です。
気密・断熱性が良いので、部屋の温度差が少なく、廊下やトイレで冬場もブルっとしにくいです。だから、ヒートショックの心配も少なくなりますね。

実際、SW工法で建てた家にお住まいのお客様からは「体が楽になった」と言っていただけます。

 
2)日本古来の在来工法と無垢材の家

在来工法では、自然の無垢材を使った家づくりをしています。
無垢材は手入れも大事ですが、月日を重ねていくといい味が出るんですよ。

そうそう、はじめにどんな木を使うか、実際の木の板を触っていただくのですが、ほんとに感触が違うんです。
そんな木の個性みたいなものを感じられる家づくりになるのが、なかなか好きです。

 
家づくりは暮らし方から

と、2種類の工法をご紹介しましたが、工法は「どんな暮らしをしたいか」についてくるものなので、とにかくご希望を言っていただければと思います。

・健康にいい家がほしい!
・費用に限界があるけど、オシャレにしたい!
とか。

出発点はご家族それぞれ。だからゴールもそれぞれ。

そんなところに寄り添って家づくりをサポートしていきたいな、と思っています。

そうそう、作り方によって補助金の対象になるものもあります。
そんな補助金を使った施工事例もありますよ。

今日は新築の家づくりについてでした!